『治療そのものが予防的である』これが私たちのモットーです | 松本市島立の歯科医院

骨欠損の回復

歯周病は、炎症により歯周ポケットができ徐々に歯を支えている骨がなくなることにより進行していきますが、適切な処置により骨を健康な状態に戻すことができます。

1)88年当時、40歳男性の右上の犬歯です。歯周病により骨が無くなっています。歯ぐきからは出血、排膿がありました。 2)13年後です。同部位の骨が健康に回復しているのがわかります。徹底的な炎症のコントロールと咬み合せの調整により骨は安定し後戻りすることもありません。 3)更に5年後、2006.3.28のレントゲン写真です。
患者のUさんは転勤先の高知から帰省時に健診にお見えになります。
拝見するたびに歯周組織の健康をおほめするのですが、健康になるということは意識
も変化するということと感心してしまいます。

※歯は骨が支えています。ですから、歯周病の治療においての最終的な目標は健康な骨つくりという事になります。でも歯周病によって失われた骨はほとんど戻ってはきません。ですから無くならないように、無くなる前に、予防が大切なのです!

歯や口の中の心配事についてご相談ください TEL 0263-47-0241 9:00~11:30/14:00~17:30(平日受付)

過去の投稿

PAGETOP
Copyright © 2006-2019 杉山歯科医院 All Rights Reserved.